【妄想】ある変態母親の妄想記事がエロ過ぎたw

更新日:

1: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 21:32:23
前に、ある男性の方と、わたしをネタにした変態妄想ストーリー、
メールでやり取りしてたんですが、よかったら読んで感想ください。

2: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 21:48:48
内容は、わたしがバツイチの娘持ちの中学教師(28)で、
元教え子で娘の彼氏に、万引きを目撃され、脅されて壊れていくっていう展開です。
設定は、わたしは母と娘(15)との女三人暮らし。
で、ある日、見知らぬ相手(19)からメールで呼び出されて、
学校や家に連絡されたくないなら言う事聞けと、
脅されるとこからはじまります。
わたしや娘の名前は実名、年齢はわたしは実年齢、
娘は実際は13です。
基本的に相手とのメールのやり取りだったので、
話のツジツマ合わないとこや、後付け設定ありますが、気にしないでください。

3: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 22:00:34
(ある日、見知らぬアドからメールがきて、
万引きの現場を目撃したから、××日の18時に、○○という喫茶店に来いと…)
不安に脅えながら、指定された時間にお店に。
ヒロさん…?
(相手が子どもなのでちょっと安心する)
「どういうつもりなのかな、あんな悪戯メールして?
わたしのアドレスどこで知ったのか知らないけど、いきなり万引きしたとか失礼だと思わない?」
「先生、久しぶり。
ね、人に教えてる人がさぁ、黙って店の商品を持ってっちゃ駄目だよねぇ…
犯罪だしさぁ…一応、写メあるし。
先生、どうする?警察でも良いし、それとも、言う事聞いてバックレる?」

4: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 22:10:56
(えっ!先生って…わたしのこと知ってる??
まさか教え子…?全然覚えが…今、写メって言った…?まさか撮られてたの…?)
「なんのこと言ってるか分かんないんだけど…
こんな脅しみたいなことして、警察行ったら貴方のほうがやばいんじゃないの?悪戯なら帰っていかな、もう?」
「へぇじゃ行こうか 笑」
(写メを見せる)
「これ、先生がポケットに口紅隠す時だよね?さ、警察行こうよ。
先生、行かないならさ、
足開いてパンツ見せてみ。前からさ、先生の事、一度ハメたかったんだよね。
さ、認めて股開いて見せて。
それから考えるからさ 笑早くしないと店員が来るよ」
「あっ…それは…」
(まさかほんとに撮ってたなんて…最悪…よりによって元教え子に…)
「ごめんなさい…つい…警察は勘弁して…お願い…」
(これが学校にバレたら大問題になっちゃう…首になった上、娘だって受験なのに…)
「えっ…パンツ…?」
(顔を赤くし、誰かに聞かれていないか辺りを見回す)
(はめたいって…わたしとしたいってこと…?
あぁでも子どもだから1、2回相手してあげれば満足するのかも…パンツ見せてっていうのも子どもっぽいし…)
【基本的にメールそのままです】

5: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 22:19:07
「パンツって何言ってるの!…でもパンツ見せれば今回のことは…?」
(逆に元生徒ということを知って相手を舐めてきている。
辺りを見回し、誰かこちらを見ていないか確認し、少しずつ脚を拡げる)
「先生、全然見えないじゃん。もっと足開いて、スカート捲くってよ。
ちゃんとパンツ見せないなら警察だよね 笑」
「ね、お願いだから…このことは…」
(テーブルの下でパンツが見えるぐらいに脚を…)
「いくらバツイチで旦那いないからってさぁ、もっとセクシィなパンツにしなよ 笑
じゃ、膝まで下げて。
先生の万引きまんこ見せてみな。
さ、店員が来る前に、早くね」
(さすがにお店でパンツまで下げてと言われ、躊躇う)
「やめて…ここはお店の中よ…?こんなとこじゃ…
もし…あれなら場所を変えて…ねっ?」
(暗に誘いをかける)

6: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 22:50:46
すみません、年齢、わたし(38)です…

7: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 22:51:32
「なら先生、はっきり言いなね。
口紅万引きしたのを黙ってて欲しいから、パンツ見せたり、セックスねだりで俺を買収したいってさ 笑」(なんてムカつく子なの…よりによってこんな子に見られちゃったなんて…)
「ごめんなさい…口紅万引きしたのを…学校には黙っていて欲しいから…
パンツ見せたり…セ…セックスねだってヒロくんのこと…買収したいです…」
屈辱に耐えながらも、途切れ途切れに言わされる。タバコにICレコーダーがあるのも知らずに…
「じゃあしょうがないな、見てやるけど。
今日は忙しいからさぁ、先生のまんこ写したら、行くトコあんのよ。とっととパンツ下げて、年増まんこ見せてくんない」
(酷い…呼び出して、こんなこと言わせておいて自分は忙しいからですって!
それに年増って!
でもとりあえず職場もバレてるし今日のところは逆らわないほうがいいのかな…
でもこんなお店の中で…これだって誰かに見られたら…)
震える手で膝まで下げスカートを捲くる由佳利。
すると、いきなりシャッターを切り始めるヒロ。

8: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 22:52:57
「えっ…やめて!撮らないで!」
大きな声を出してしまったため周りの視線が…慌ててスカートをまくった手を離す。
「こっち見て、先生笑って」
「そんな…笑えるわけないでしょ…やめて…」
全身を何枚か撮ると、テーブル下に潜り込む。
「毛深いまんこだねぇ 笑ビラも厚いし黒いし」
言いながら指で拡げて何回もシャッター音が響く。
あそこをバカにした口調で評価され、
(酷い…なんでこんなことまで言われなきゃならないの…
あっ指が…いやぁ…そんなとこまで撮らないで。
わたし…なんでこんな…喫茶店で元の教え子にあそこの写真撮られて…)
屈辱感と恥ずかしさ、シャッター音に、異常なくらいクラクラしている。
「さて、俺行くからさ。コーヒーごちそうさまぁ。また、メールするから。早くパンツ履いたら 爆笑」
そういって店を出ていくヒロ。
しかしヒロが出ていったのも、遠くに感じる…
(あぁっ…わたし)

9: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 22:59:48
いきなり呼び出され、元教え子と名乗る少年に万引きを目撃したと脅され、
屈辱的な台詞を言わされながら、店内でパンツを見せるように要求され、
それどころかあそこの写真まで撮られてしまう。
(いったいわたし…)
呆然としたまま、パンツを上げ、お金を払い店を後にする。
家に帰るが、母親だけで、娘の真音はまだ帰っていない…
(そういえば部活ってメールが来てたような…
だめだ…何が何だか分からない…)
「お母さん、ごめんちょっと頭痛いから寝てるから…
真音帰ってきたら、よろしくね…」
(寝よう…寝て頭をすっきりさせないと…)

10: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 23:10:35
駅前のカラオケボックスで床にしゃがみ込み、ヒロのチンポをくわえる真音がいる。
足の指でパンツの上からもて遊び、さっき撮った由佳利の写メを見ながら、
「なんだよ、チンポ見ただけでまんこ濡らすなよな、真音。パンツ、まん汁だらけじゃん 笑」
母親である由佳利には部活とメールした娘は、フェラしながら笑われていた。
「ほら、もっと唾液出して音たてな。発射させられないなら、膣出ししてから
また、リーマンに売るかんな 笑」
必死に口をすぼめチンポを擦りあげる真音。
(さて、そろそろメールしたげっかな)
ヒロがさっきの写メを由佳利に送りながら、
「おっ、出る」
真音の頭を掴み喉奥にザーメンを発射する。

11: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 23:18:18
(前のは相手の。こちらはわたしヴァージョン)
「遅かったね…また誰か女と会ってたんでしょ?」
駅前のカラオケボックスで先に待っている真音。
しかし適当にはぐらかされ、それどころかすぐに床に座らされ奉仕を命じられる…
「ひどい…いつもヒロ、わたしには…」
しかし仕込まれているため、反射的にすぐにしゃがんでくわえ始める。
ヒロはくわえさせたまま何やら携帯をいじっている…
ヒロの足が制服のスカートのまま床に座らされている真音の股間に。
パンツが湿っていることを笑いながら指摘され、いったん口かチンポを抜き取り、
「だって…わたしヒロのこと大好きなんだもん…
ヒロ好きだからゴムつけないし、命令されれば他の人ともするし…」
発射させられなければ、また売ると言われ、必死に口をすぼめて擦りあげる真音。
ヒロはまだ携帯をいじっている…今日は写メは撮られないらしい…
ヒロの携帯には真音のありとあらゆる姿の写メが…
「うっ…」

12: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 23:29:21
「うっ…」
くわえさせられたヒロのが一際大きくなり、真音の喉奥に熱いほとばしりが…
「さて、メールしたげっかな」
真音の頭を掴み、大量のザーメンを飲み込ませる。

寝室で横になっている由佳利ににメールが。
(メール…このアドはさっきのヒロから…)

開くと、ヒロの指で拡げられた自分のまんこの写真が。
クリトリスが剥かれ、膣口や尿道がはっきり見え、少し濡れているのが判る。
ベッドの上で一人顔を赤らめる由佳利。
(これ…さっきの…わたしの…
恥ずかしい…こんな風に見たことなかったけど…)
そして本文を見る。
『先生さぁ、こんな事されてんのに濡らしてたんだねぇ 笑
やっぱ、淫乱でマゾなまんこなんだ♪
あ、明日、朝一で学校行った方が身の為だよ。で、パソコン見てね』
(えっ…朝一、学校行った方が身の為って…何?まさか…)
慌ててレスする。
『ちょっと!どういうこと?何かしたの?まさか万引きの?』
何回もメールしたが、返事はこないまま、朝を迎える。

13: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 23:46:08
口に出されたあと、またすぐに大きくなるヒロのチンポ…
自らはソファに座ったままで、真音にまたがり自分の手で入れるよう要求する…
ヒロのザーメンを必死で飲み干し、命じられるままに、ヒロにまたがり
自らの手でおちんちんを幼いあそこに…
「あん…ヒロのちんぽ…わたしだけのちんぽ…入った…」
スカートだけの真音がヒロに抱っこされた形で犯されている。
「そしたらよがってないで、またサイトに書き込みな、真音。
JCの生フェラ&生ハメで5万円って。
ほら、そんな声だしてないで書き込めよ」
「えっまたサイトに…またお金で…
あぁん…わたしこんなにヒロのこと好きなのに…
なんでそんなこと…」
チンポで突かれながら抗議する唇を唇でふさがれ、舌が侵入してくる…
「あん…だめ…好き」
首筋を舐められ、小さな乳首を吸われ噛まれ、さらにお尻の穴まで指で掻き回されながら、悶え狂う真音。

14: 名無しの@変態 2008/05/03(土) 23:47:15
膣でチンポを喰い締めながら、朦朧状態で携帯を持たされ、また、自分を売る為に書き込む
『15だよ☆
¥⑤~で誰かいないかな?生ふ×ら、生は×おっけーです♪』
パンパンと音を立て突きながら、
「しっかし、お前のまんこ、緩くなったよなぁ。
しっかり締めないと馬とさせっから 笑」
「そんなぁ…ゆるくなったの…ヒロのせいだよ…
こんなおっきいのでいつもされたら…
いきたいよヒロ…また中でいっぱい…わたしヒロ大好きだから…
いつでも中で出していいから…ほかの女こんなことさせないでしょ…」

15: 名無しの@変態 2008/05/04(日) 00:01:45
「おっ早速来たな♪」
真音の携帯に援交相手からのメールが届く。しかしヒロに激しく突かれ、ぐったりとし分からない真音…
「あぁ…もうだめ…壊れちゃう…出して出して…まのんの中にいっぱい…」
「待ってな、今返信してっから。よし、これで送信して。
さて、じゃ、発射すっか」
激しく腰を揺さぶられ、幼い子宮の奥に、もう何百回と出されたヒロのザーメンが発射される…
「ふぅ~…たっぷり子宮に入った感じ 笑
ほら、もう着いたらしいから、起きてパンツ履いて迎えに行ってきな。
店の前に居るってよ」
休む間もなく、中に出されたものを拭くこともゆるされずに、パンツを履かされ、制服を着て迎えに…
いったん店外に出て、近くに立っているそれらしき人物に声をかける。
「あの…まなですけど、掲示板の…?
制服なんでホテルとかやばいんで、この中でいいですか?」
40代のサラリーマンを連れ部屋に戻る。

16: 名無しの@変態 2008/05/04(日) 00:05:37
「じゃ、前金5万円で。制服は脱がさない、汚さない。
口で1回、まんこで1回の発射で1時間以内。俺の撮影が条件ね。
あ、おじさんの顔とかは撮らないから安心して 笑
俺の事は気にしないで、好きにして良いからさ」
部屋の中にいたヒロの姿に驚くが、実際に制服を着た真音がいるので、言われた通りに支払う。
制服姿のまま40男のちんぽをしゃぶる真音。そしてそれを撮影するヒロ…
1時間後、約束通り、口とあそこで1回ずつ発射され、店を出る。
真音は2人分のを中にしたままパンツを履かされている…
満足した様子のサラリーマンと別れ、ヒロと2人に。「真音、何回イッた?笑
あんなオヤジのザーメン飲んだり、キスしながら、よくいけるよなぁ…
じゃ、またな。ママが心配するから、早く帰れよ」
酷い言葉をかけられ、泣き出してしまう真音をあとに、ヒロは去っていく…
(ヒロのためにやってるのに…わたしまだ15なのに、何回お医者さんで…)
さっき出されたサラリーマンのとヒロのザーメンが混ざって、
ドロリとパンツの中に垂れる…
(あっ帰らなきゃ…ママには部活だって言ってあったんだ…
ママごめんなさい…こんなことがバレたら…ママだってクビになっちゃう)

17: 名無しの@変態 2008/05/04(日) 00:13:52
家に着くと由佳利は体調悪いみたいで休んだと祖母から聞く。
(ママ…いないんだ…よかった…なんか顔あわせるのつらいし…)
そして部屋に戻り、制服を脱ぎ、着替え、シャワーで汗と汚れを流す…
「おばぁちゃん、ごめん…わたしもちょっと体調良くないから、寝るね…
せっかくごはん用意してくれたのにごめんね…」
そして部屋に入るとすぐいつも言い付けられている通りにする…
携帯のムービーをセットし、
二人分のザーメンと真音自身の染みでぐちゃぐちゃになったパンツを舐め、チューチューと吸いながら、
『今日も大事な精子を真音の汚い膣穴に出して戴きありがとうございました。
とても美味しいです』
と言いながら、カメラに赤く腫れあがったまんこを拡げて見せる。
『真音のまんこはヒロのものです…いつ、どこでも、誰とでも、ヒロの命令ならば喜んで差し出します…』
メールにムービーを添付し、送信する。
口の中が精子臭いまま、ベッドに横たわり、眠りに落ちる真音。

18: 名無しの@変態 2008/05/04(日) 00:18:35
なんか感想あったらお願いします。
まだメールのやり取りストックあるんだけど、明日から家族旅行なので寝ますw
&続きは連休明けになります。
メールのやり取り終わっちゃったから、ある時点で途切れてるんですが、
感想をもとに続けたいな…

19: 名無しの@変態 2008/05/04(日) 00:26:51
勃起した

20: 名無しの@変態 2008/05/04(日) 07:47:30
朝、真音と顔をあわせたが、なんとかく気まずい。
「昨日、遅かったの…?
ごめんね、ママちょっと頭痛かったからベッドに入っちゃって…
今朝はちょっと忙しいから早めに出るけど、遅刻しないようにね…」
鏡を見て、お化粧するが、一睡もしていないまため、明らかに顔色が悪い。
(早く行かないと…)
着くとまだほとんど職員は出勤していない。
パソコンを開き、学校のサイトのメールをチェックする。
「2年B組変態先生」と題されたメールがある。
(これだ…)
いくつかファイルが添付されている。開くと、
『ごめんなさい…口紅万引きしたのを…職場に黙っていて欲しいから…
パンツ見せたり…セ…セックスねだってヒロくんのこと…買収したいです…』

という昨日喫茶店内で言わされた屈辱的な台詞が流れる。
慌てて音を消し、周囲を見回す。

21: 名無しの@変態 2008/05/04(日) 07:49:15
(よかった…誰にも聞かれてなかった…)
ほっと胸をなでおろし、ほかの添付ファイルを見ると、
喫茶店内でスカートをまくり、パンツを見せている顔入りの姿やあそこのアップの写真が…
(ひどい…何考えてるの、あのこ…もしほかの人がこんなの見てたら…)
ファイルを全てごみ箱に入れメールを削除すると、携帯にメールが。ヒロからだ。
『おはよう♪朝早くから大変だねぇ 笑
あ、パソへのメールはさ
俺に逆らうと、こんな事しちゃうよってだけだから。
多分、もう削除しただろうけどね。
さて、とりあえず…トイレでブラもパンツも脱いで、下着無しで一日授業ね。
脱いだ下着は袋にでも入れて、校門に居るから持って来て 笑
10分以内に来ないと、また、パソにメールするから』
(何、これ…?職場にまでこんな…
普通じゃない…
でも無視して…またわたしが授業してる間にメールされたら…)
慌ててトイレに駆け込み、躊躇いながらも上下の下着を取り、紙袋に…
(あっ時間がない…急がないと)
スカートの下はノーパンのまま、生徒がちらほらと登校してくる校庭を慌てて走り、門から出る。
少し離れたところに、ヒロがバイクにまたがっている。

22: 名無しの@変態 2008/05/04(日) 08:02:06
以下、休み明けになります。
感想お待ちしてます。

人妻ってマジでエロいと思いますね。こんなこと日頃からずっと妄想してるんだと。やっぱり犯されたいのかなーっておもうw若しかしたら街なかにいる人妻も口説けば簡単にエッチさせてくれるのかなwまあツーショットダイヤルで人妻と出会ってセックスしまくってるのでいいかww

-ツーショットダイヤル, 人妻, 出会い
-, ,

Copyright© 人妻テレクラ変態倶楽部 , 2017 AllRights Reserved.